MENU

見る・遊ぶ・体験する

刈谷市
関連キーワード :
博物館・美術館・科学館

刈谷市美術館
(かりやしびじゅつかん)

Google Mapsで ここへ行く

Myたびノートに追加する

Myたびノートを見る

※各種イベントにおいて、内容の変更や中止・延期される可能性がございます。
最新の情報を公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
  • 刈谷市美術館
  • 刈谷市美術館
  • 刈谷市美術館
  • 刈谷市美術館
  • 刈谷市美術館

1983年開館。
日本近・現代美術をはじめ、国内外の絵本やグラフィック・デザイン、アニメーションなど多彩でユニークな企画展を年3回ほど開催しています。テーマを設けて年4回ほど展示替えする常設展では、郷土の作家を中心にした近・現代美術、絵本原画といった当館の多彩なコレクションを紹介しています。
展示室は地域の人々の創作活動を発表するギャラリーとして貸し出しも行い、敷地内に併設した茶室「佐喜知庵」では、美術鑑賞に合わせて気軽に抹茶を楽しむことができます。お気軽にご利用下さい。

__展覧会情報__

コレクション展 PLAY BACK2 -地域ゆかりの美術-
2024年1月20日(土)~3月10日(日)

コレクション展 PLAY BACK2 -地域ゆかりの美術-

1983年6月11日に開館した刈谷市美術館は、おかげをもちまして40周年を迎えることができました。これまでに地域の皆さまの創作活動を発表する場として利用いただくとともに、日本の近・現代美術に限らず、絵本やイラストレーションの展覧会を積極的に開催し、多くの方々に親しまれてきました。また、地方の公立美術館としての役割をふまえ、地元・愛知をはじめ当地域の近・現代美術を軸にしたコレクションの形成を目指し、作品の収集活動を行っています。近年は企画展とも連動し、絵本原画、雑誌や新聞の挿絵、グラフィックデザインなども積極的に収集対象としながらコレクションの拡充を図っており、その数は3,800点を超えています。2023年春に開催した企画展「開館40周年記念 PLAY BACK:1983-2022 -コレクションで振り返る刈美の軌跡-」では、開館以来の展覧会活

コレクション展 PLAY BACK2 -地域ゆかりの美術-

動や作品の収集活動を切り口に約160点を紹介しました。
今回の展覧会はその第2弾として、前回紹介しきれなかった大正期から現代までの「地域ゆかりの美術」を、時代を追って紹介します。それぞれの作品からは、画家たちが互いに影響を受けながら独自の表現を追求した個々の創造性が、地域性とともに浮かび上がることでしょう。当館選りすぐりの約40点をどうぞごゆっくりとお楽しみください。

[観覧料]無料

概要

所在地
〒448-0852
刈谷市住吉町4-5
料金
<企画展>その都度料金が異なります
<コレクション展>無料
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業時間
9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
電話番号
0566-23-1636
駐車場
無料・60台
トイレ
有り
定休日
月曜日、祝日の翌日
※ 詳細は美術館休館日カレンダーにてご確認ください。
関連リンク
刈谷市美術館公式サイト
刈谷市美術館公式サイト 市民ギャラリー 詳細ページ
刈谷市観光協会公式サイト 刈谷市美術館 詳細ページ
  • 多目的トイレ
  • 駐車場
  • 授乳コーナー

アクセスMAPを開く

アクセス・MAP

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

アクセス方法

  • 電車

    電車でのアクセス

    JR東海道本線・名鉄三河線「刈谷」駅南口より徒歩約10分

  • 車

    車でのアクセス

    知立バイパス「野田IC」より約5Km

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

周辺情報

こんなスポットもおすすめです