MENU

見る・遊ぶ・体験する

高浜市
関連キーワード :
博物館・美術館・科学館

高浜市やきものの里 かわら美術館

Google Mapsで ここへ行く

Myたびノートに追加する

Myたびノートを見る

  • 高浜市やきものの里 かわら美術館

日本で唯一の瓦をテーマにした美術館

かわら美術館は、生産量日本一を誇る三州瓦の中心的な産地・高浜市にある、日本で唯一の瓦をテーマにした美術館です。
瓦をはじめ、考古、歴史、美術からサブカルチャーまで、さまざまなジャンルの展覧会を開催するとともに、「みんなで美術館」をキャッチコピーに、美術館という枠をこえて、さまざまなひとやコトが集まる場をめざしています。
芸術文化活動の拠点として、ホール、スタジオ、講義室・会議室、シアターなどを貸出しているほか、やきものづくりの楽しさを味わえる陶芸創作・絵付体験(開館日の金・土・日開講)も開催しています。

__展覧会情報__

シルクロードの甍(いらか)
―往き交う暮らしと祈り 西安に届いた三州瓦―
4月14日(土)~6月17日(日)

近年、三州瓦は海外に輸出される機会が多くなっています。
2011年、高浜・碧南地区で焼成された瓦が中国の古都・西安の大雁塔(だいがんとう)を管轄する大慈恩寺(だいじおんじ)の伽藍の一部が新築された際に採用され、三州瓦が国際的に評価されました。
大雁塔は三蔵法師玄奘が唐代にインドから持ち帰った経典が納められていたところで、当時のシルクロードの文化を代表する史跡であり、それを管轄する現代の寺院で三州瓦が使われていることは、三州瓦もシルクロード文化の保存の一翼を担うといっても過言ではありません。

本展は、それらの三州瓦をはじめ所蔵品の中国の瓦を中心に、シルクロード関連の作品も一堂に展示します。異国情緒溢れるシルクロードの文化を紹介するとともに、三州瓦の国際的な意義を考える契機になることを願う展覧会です。

ギャラリートーク

シルクロードはスパイスロード「高浜スパイス研究所」
4月14日(土)~6月17日(日)午前10時~午後5時

私たちの生活を彩る“スパイス"。古代より薬や香料として重宝され、シルクロードを通り、東洋と西洋の文化をつないできました。カレーやスープなど食を通して身近にあるスパイスですが、その魅力は奥深く、用途や配合、効果は多種多様です。香り高きスパイスを旅するように学ぶ、スパイス研究所にぜひお越しください。
監修:水野仁輔
AIR SPICE代表。カレースター(糸井重里氏命名)。

チャプター1. スパイスを楽しむ
世界のスパイス&ハーブを30種類展示します。香りと色をお楽しみください。(入場無料・申込み不要)

チャプター2. スパイスを作る、学ぶ
カレースパイスや紅茶&グラノーラスパイスなど、あなただけのスパイスを調合してみませんか。スパイス調合には、「シルクロードの甍」チケット代(300円)と200円が必要です。

概要

所在地
〒444-1325
高浜市青木町9-6-18
料金
<常設展示>無料
<企画展・特別展>
高校生以上 展覧会により異なる
中学生以下 無料
※20名以上の団体様など各種割引あり

※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業時間
10:00~17:00
※観覧券の販売は16:30まで
電話番号
0566-52-3366
駐車場
無料・100台(乗用車)、5台(バス)
※駐車場3箇所
トイレ
有り
定休日
月曜日、火曜日(祝休日の場合は翌平日)
12月27日~1月3日
新着情報★
http://www.takahama-kawara-museum.com/news/
陶芸創作室
・陶芸創作・絵付体験
・半日イベント講座
・連続教室講座
※詳しくはHPにてご確認ください。
関連リンク
高浜市やきものの里 かわら美術館公式サイト
  • 多目的トイレ
  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店

アクセスMAPを開く

アクセス・MAP

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

アクセス方法

  • 電車

    電車でのアクセス

    名鉄「名古屋」駅から、「知立」駅で名鉄三河線に乗換え、名鉄「高浜港」駅下車。徒歩10分

  • 車

    車でのアクセス

    名古屋方面からお越しの場合
    ・知多半島道路阿久比インターから約15分
    ・国道23号(知立バイパス)西中インターから約20分

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

周辺情報

こんなスポットもおすすめです

このスポットを含むモデルコース