MENU

見る・遊ぶ・体験する

知立市
関連キーワード :
歴史・文化

知立まつり【神事のみ執行】
(ちりゅうまつり)

Google Mapsで ここへ行く

Myたびノートに追加する

Myたびノートを見る

※各種イベントにおいて、内容の変更や中止・延期される可能性がございます。
最新の情報を公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
  • 知立まつり
  • 知立まつり
  • 知立まつり

山車の上で舞う見事なからくり人形!
知立神社の祭礼である知立まつりは、初夏を飾る一大風物詩。1年ごとに本祭りと間祭りが交互に行われます。江戸時代から続く祭礼で、山車の上で山車文楽・からくり人形芝居が上演されるのが特徴。知立のからくりは、バネやぜんまいで自動的に動かすのではなく、糸を操って動かしているので、操るのに高度な技術が必要です。ぜひ目の前でその技をご覧ください。

※ 2022年度の開催は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、知立まつり(本祭り)における山車の巡行及び奉納行事は中止が決定いたしました。なお、知立神社が主催の神事(神輿渡御、赤瓢箪奉納等)につきましては、一部規模を縮小して、新型コロナウイルス感染症対策を実施した上で行われる予定です。

本祭

本祭(ほんまつり)は、5つの町から高さ7m、重さ5tの5台の山車が繰り出され、神舞(かんまい)と呼ばれる囃子にあわせ、家々の軒を圧するように巡行するさまは壮麗そのもの。また、山車の台上で奉納上演される人形浄瑠璃芝居の「山車文楽」と「からくり」は、ともに江戸時代から伝承されている情趣豊かな郷土芸能の粋です。なお、文楽を山車の上で上演するのは知立だけであり、ともに国指定重要無形民俗文化財に指定されており、現在、ユネスコ無形文化遺産にも提案されています。

間祭

間祭は、昭和20年(1945年)までは、特別な事があった時のまつりとして開催されていました。現在のようなスタイルでの間祭りは、戦後に行われるようになり、伊勢湾台風や国道の交通量の増加により昭和34年(1959年)を最後に一時中止となりましたが、昭和50年(1975年)に復活しました。現在、若い衆のお祭りとして盛大に行われており、勇壮華麗な5台の花車が繰り出され、知立神社に奉納されます。

ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」登録決定!

2016年日本が誇る祭礼「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。
東北から九州まで18府県33件のうち、“山車まつり日本一”を謳う愛知県は、最多の5つが認定。そのうちの一つが知立市の「知立の山車文楽とからくり」です。

概要

所在地
〒472-0023
知立市西町神田12
料金
無料
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
電話番号
0566-81-0055(知立神社)
0566-83-1111(知立市観光協会)
駐車場
有り
トイレ
有り
開催場所
知立神社
開催時期
2022年5月2日(月)、3日(火・祝)
※ 山車巡行・奉納等中止
関連リンク
知立市観光協会公式サイト 知立まつり 詳細ページ
ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」登録決定! 初心者のための あいち・ユネスコ無形文化遺産ガイド
  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店

アクセスMAPを開く

アクセス・MAP

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

アクセス方法

  • 電車

    電車でのアクセス

    名鉄名古屋本線「知立駅」から徒歩約12分

  • 車

    車でのアクセス

    伊勢湾岸道路「豊田南IC」より約10分

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

周辺情報

こんなスポットもおすすめです