MENU

見る・遊ぶ・体験する

豊田市
関連キーワード :
博物館・美術館・科学館

豊田市美術館「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」
(とよたしびじゅつかん「こうかんするもだん きのうとそうしょくのぽりふぉにー」)

Google Mapsで ここへ行く

Myたびノートに追加する

Myたびノートを見る

※各種イベントにおいて、内容の変更や中止・延期される可能性がございます。
最新の情報を公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
  • 豊田市美術館「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」
  • 豊田市美術館「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」
  • 豊田市美術館「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」
  • 豊田市美術館「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」
  • 豊田市美術館「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」

1910年代から30年代は、西欧を中心に日本を含む各地で、様々な「モダン」の形が現われた時代でした。
機能主義に基づく「モダニズム」は、いまだに当時の中心的な動向とみなされていますが、一方で、大衆消費社会が進展したこの時代は、常に新しくあるために装飾することに価値が置かれた、儚き「モダニティ」の時代でもありました。そしてこの対立的に捉えられてきた二つの「モダン」は、実際にはいくつもの「モダン」をうちに含み、それらは複雑に関係しながら濃密な時代を作り上げていました。

当時の作家たちは、時間差なく情報を共有し、国やジャンルを越えて同期し合い、その範囲は、絵画、彫刻から、家具、食器、洋服、さらにそれらを収める建築や都市まで、いわば、私たちの生活空間、身体活動全般におよんでいます。

1914年に勃発した人類史上初の世界大戦が象徴するように、この時代の最大の出来事は世界が一気に同期したということでした。その急速に変化する社会のなかで、作家たちがときに交わり、ポリフォニーのように共鳴しながら探求したいくつもの「モダン」の形を紹介します。

◎ 同時開催
コレクション展「色、いろいろ」

芸術表現には色彩はつきもので、その関係は切っても切れないものでした。物には固有の色があり、空は青、雲は白というように約束事もありました。そんな色についての固定観念を覆したのは印象派に代表される近代の画家たちで、固有色にとらわれず、目に映る色、自身が感じ取った色を表現しました。

作家たちは、さまざまな観点から色を選び、用いて作品を制作し、私たちに提示しています。本展では、色彩という切り口で豊田市美術館のコレクションを見わたし、色のさまざまな使い方に注目して作品を紹介します。

[観覧料]
一般300円(250円)/高大生200円(150円)/中学生以下無料
※ 同時開催の「機能と装飾のポリフォニー」展観覧券でご覧いただけます

概要

所在地
〒471-0034
豊田市小坂本町8-5-1
料金
【観覧料】
◎一般:700円(600円)◎高校・大学生:500円(400円)
◎障がい者手帳をお持ちの方(介添者1名)、豊田市内在住又は在学の高校生、及び豊田市内在住の75歳以上:無料(要証明)
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
開催時間
10:00~17:30(入場は17:00まで)
電話番号
0565-34-6610
駐車場
無料・一般駐車場253台
(普通車246台、大型バス7台【車イス3台 EV1台】)
トイレ
有り
定休日
◎月曜日(祝日を除く)
※ 7月18日、8月15日は開館
◎展示替えの期間
◎年末年始
開催場所
豊田市美術館
開催時期
2022年6月7日(火)~9月4日(日)
関連リンク
豊田市美術館公式ウェブサイト 展覧会「交歓するモダン 機能と装飾のポリフォニー」詳細ページ
  • 多目的トイレ
  • お土産・売店
  • 駐車場
  • 飲食店
  • 授乳コーナー
  • Wi-Fi

アクセスMAPを開く

アクセス・MAP

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

アクセス方法

  • 電車

    電車でのアクセス

    ◎地下鉄鶴舞線「豊田市駅」から徒歩約15分
    ◎名鉄三河線「上挙母駅」から徒歩約20分(「豊田市」駅下車の場合は徒歩約15分)

  • 車

    車でのアクセス

    ◎東名高速道路「豊田IC」から約15分
    ◎東海環状自動車道「松平IC」から約15分
    ◎東海環状自動車道「豊田東IC」から約20分

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

周辺情報

こんなスポットもおすすめです