MENU

見る・遊ぶ・体験する

西尾市
関連キーワード :
体験・観光農園
動物園・水族館・遊園地

こども汽車(本物のSL)「愛知こどもの国」
(こどもきしゃ(ほんもの)あいちこどものくに)

Google Mapsで ここへ行く

Myたびノートに追加する

Myたびノートを見る

※各種イベントにおいて、内容の変更や中止・延期される可能性がございます。
最新の情報を公式サイト等でご確認の上、お出かけください。
  • こども汽車(本物のSL)「愛知こどもの国」

愛知こどもの国(あいちこどものくに)はあさひが丘(あさひがおか)とゆうひが丘(ゆうひがおか)の2つの山からなる自然を活かした大規模な児童総合遊園地です。

こどもたちが自然の中で遊びながら、健康で豊かな心を培うことをテーマにしています。園内にはキャンプ場やランドトレイン、こども汽車やゴーカートなど楽しみ方がたくさんあり、入園は無料です。

こども汽車は、実は本物の蒸気機関車で、石炭を焚き、白い煙を出して、園内を10時から17時まで走っています。機関車の力強さに、乗った子供たちからはもちろん、大人からもご好評いただいています。月曜日は乗り物だけがお休みさせて頂いています。
全長1,135mにおよぶ沿線には、三ヶ根山や三河湾国定公園など壮大なパノラマが約7分間にわたり広がります。
愛知こどもの国の開園と合わせて福島の協三工業で新製されたのが現在も運転されている2輌の蒸気機関車B11とB12です。自重8t(運整8.3t)のBタンク(1974年8月製/製番8092・8093)ながら、わが国では20年近く蒸気機関車の新製がなかったなかでの誕生だっただけに、当時は大きな話題となりました。

「こども汽車」は本線延長約1㎞。2フィート6インチゲージの軌道は25㎏/mレールを使用しており、信号設備も備えられた本格的なものです。線型は蒸気機関車が走るにしては厳しく、半径25mの急曲線や30‰勾配が連続しています。それだけに、B11は迫力の走りをたっぷりと見せてくれます。

概要

所在地
〒444-0701
西尾市東幡豆町南越田3番地(愛知こどもの国)
料金
無料、こども汽車は有料。
※ 料金は変更になる可能性がございますので公式サイト等でご確認ください
営業時間
9:00~17:00
【こども汽車運行】10:00~17:00
駐車場
有料(普通車500円)
【あさひが丘駐車場】500台
【ゆうひが丘駐車場】700台
定休日
毎週月曜日(入園は可能です)
年末年始(12月29日~1月1日:園内に入れません)
※こども汽車と乗り物は月曜休み。
関連リンク
愛知こどもの国公式サイト
  • 駐車場

アクセスMAPを開く

アクセス・MAP

一緒に回れるスポットを検索

表示スポット一覧

アクセス方法

  • 電車

    電車でのアクセス

    名鉄「蒲郡」駅から蒲郡線に乗り換え、名鉄「こどもの国」駅から徒歩15分。

  • 車

    車でのアクセス

    東名高速道路「音羽蒲郡IC」より県道73号線と国道247号線経由、約35分。

スマートフォンで スポット情報を共有する

QRコード

周辺情報

こんなスポットもおすすめです