MENU

花しょうぶとかきつばたが美しく開花。おすすめ観賞スポットのご紹介です


5月から6月まで楽しめる花しょうぶとかきつばた。尾形光琳によって描かれた国宝「燕子花図」にも描かれたように、どちらも楚々とした中に華やかさがあり、見る者の目を楽しませてくれます。

【新型コロナウイルスに関するお願い】
※ お出かけの際は「三つの密」を避け、人と人との距離の確保、マスクの着用、手洗いをはじめとした感染対策の徹底をお願いします。
※ 施設の営業時間や開催状況など変更になる可能性がございますので、お出かけ前に公式サイト等でご確認ください。

東公園菖蒲まつり

岡崎市

東公園花菖蒲まつり

6月には公園内に植えられたおよそ10,000株の色鮮やかな花菖蒲が一斉に咲き乱れます。花菖蒲園一帯は21:00まで夜間照明を行っています。

【開催期間】2022年5月27日(金)~6月19日(日)
※ 開催時期は、開花時期により変更になる場合があります

【開催場所】東公園

住所
岡崎市欠町字大山田1
備考
見ごろ:例年6月上旬~中旬
※ 気象条件等によりずれることもあります

碧南市 花しょうぶまつり

碧南市

花しょうぶまつり in 油ヶ渕遊園地・応仁寺

愛知県最大の自然湖沼「油ヶ渕」の北岸に位置する公園で、市の花「花しょうぶ」が1万8,000平方メートルの敷地に80品種・1万3千株植えられています。
毎年5月下旬から6月中旬にかけ、市を代表する観光イベント「花しょうぶまつり」が開催されます。
花まつり期間中、写生大会、応仁寺の本堂開放、インスタグラムフォトコンテストなどが開催されます。ライトアップは日没から午後9時まで開催!

【開催期間】2022年5月28日(土)~6月12日(日)
【開催場所】油ヶ淵花しょうぶ園
     (油ヶ渕遊園地・応仁寺境内一帯)

住所
碧南市油渕町2地内
営業時間
【ライトアップ】日没~21:00頃まで
備考
見ごろ:例年5月下旬頃
※ 気象条件等によりずれることもあります

小堤西池のカキツバタ群落

刈谷市

小堤西池のカキツバタ群落

刈谷市の最北部にある面積20,330平方メートルの小堤西池は、京都・大田ノ沢、鳥取・岩美町の唐川と並ぶ日本三大カキツバタ自生地の一つです。カキツバタの群落として、昭和13年には国の天然記念物に指定されています。
花の見頃は5月中旬で、緑一面の湿地に清楚な青紫色の花を咲かせます。周囲は自然が豊かで、刈谷市の誇る天然記念物です。

住所
刈谷市井ヶ谷町小堤西1
備考
見ごろ:例年5月中旬
※ 気象条件等によりずれることもあります

知立公園花しょうぶまつり

知立市

知立公園 花しょうぶまつり

知立公園花しょうぶまつりは、5月25日から6月20日まで催され、全国から約15万人程の観光客が訪れます。期間中はいつでも花を楽しむことができますが、例年6月10日前後が見頃になっています。
まつり期間中には、「知立公園花しょうぶまつりフォトコンテスト」や「短歌大会」などのイベントが催されるほか、毎夜午後8時まで夜間照明をしていますので、皆様お誘いあわせのうえお越しください。

【開催期間】2022年5月15日(日)~6月10日(金)
【開催場所】知立公園・知立神社

住所
知立市西町神田12
営業時間
【夜間照明】日没~21:00
備考
見ごろ:例年6月10日前後
※ 気象条件等によりずれることもあります

史跡八橋かきつばたまつり

知立市

史跡八橋かきつばたまつり

かきつばたまつりは、歴史も古く約60年前から行われており、全国から約16万人程の観光客が訪れます。
八橋のかきつばたは、平安の歌人“在原業平公”が、「からころも きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞおもふ」と、句頭に「かきつばた」の5文字をいれて詠んだように伊勢物語の昔から知られるかきつばたの名勝地です。
庭園の面積約13,000㎡、16の池(5,000㎡)に「かきつばた」が植えられています。
まつり期間中には、「史跡八橋かきつばたまつりフォトコンテスト」などさまざまなイベントが催されます。
期間中は、いつでもかきつばたを観賞することができますが、特に一番花が咲きそろう5月上旬が1番の見頃です。

【開催期間】2022年4月22日(金)~5月17日(火)
【開催場所】八橋かきつばた園(無量壽寺境内)

住所
知立市八橋町寺内61-1
営業時間
【ライトアップ】日没~21:00
備考
見ごろ:例年ゴールデンウィーク頃
※ 気象条件等によりずれることもあります